アラサーゆり子がなんか言ってますけど

群馬県に住む現役保育士(26)による、夫婦生活や薄給に悩む保育士事情のことや楽しい仲間のことを好き放題綴っていくコミックエッセイ風ブログです。


夫の実家が面白かったからレポする。

夫の実家へ行きました。

夕方から行って帰ったのは深夜0時でした。

(夫と私の実家の距離は徒歩にして10分前後)

そこで知り合った面白い夫兄弟のお話。

長男(34歳)

f:id:oicmeet:20190502062244j:plain

やっと初めてお会いした。3年間ずっと海外で仕事してきて

仕事の都合で久々に日本に帰ってきたタイミングで私も実家を訪れることに。

まず、酒と仕事のウンチクの嵐が凄かった。

「お前なあ!?」など言われたときはギョッとしたけど

話していくと単純に私の中で

「お兄さん」から「酔っ払いオヤジ」になって

ひじょうに面白かったので終始見ていて飽きませんでした。

でも本当に毎日必死になって働いているんだなというのは伝わるので

尊敬はしております。イケメンだったし。

最後はいじり倒して終了なお兄さんでした。本当に面白かった。

次男(33歳)

f:id:oicmeet:20190502062248j:plain

寡黙でシャイな方。

正直3兄弟の中で一番つかめていないけど、面白いというのは知っている。

何が面白いって、

納豆ご飯を全部母に作ってもらった上に

文句言ってること。

仕事終わりが21時だったようでそのまま駆けつけてくれた。

(実家住まいじゃないです)そしてご飯を食べてなかったようなので

実家についてからご飯にしてましたが、

お母さんはすでに次男のために白米をわざわざ炊きなおし、

納豆ご飯を用意していたのですが、炊き立てのご飯見るやいなや次男さんが

「なにこれ炊き立てじゃん!納豆ご飯に合わないよ」

33歳のおじさんが文句言ってる横で

お母さんは次男さんのために納豆をこねていたという光景が

めちゃくちゃ面白かった。

(同時進行で長男は私に仕事のウンチク語っている)

次男さんは一番夫に雰囲気が似てるのでちょっときゅんきゅんするから困る。

家族がふえたよ!やったねゆりちゃん!

夫姓になり、新しく家族ができました。

そしてこうしてようやく夫側の家族全員とお知り合いになれて

昨晩は本当に楽しかったし嬉しかったです。

仲良くなれて嬉しい。

知らない世界があって、今まで生きてきた証がこうやって繋がっていくって

ほんとーに素敵なことだなあ、これからもよろしくお願いします!

 

て気分には一応なりました(笑)

でも本当に楽しかったです!

みなさんも実家帰りがあったりと大変かもしれませんが

どうせなら楽しみましょう!私は楽しかった!!!すごっく!!!