アラサーゆり子がなんか言ってますけど

群馬県に住む現役保育士(26)による、夫婦生活や薄給に悩む保育士事情のことや楽しい仲間のことを好き放題綴っていくコミックエッセイ風ブログです。


ゆとりアラサーが平成を振り返った。

f:id:oicmeet:20190430091529j:plain

平成ももう終わりですね。

平成を振り返って

私自身平成生まれなのですが、振り返ると時代の進化が著しい世代でしたね。

特にIT関連の進化がすごいですね。

ショルダーバッグのような携帯からスマホへ。

常識が変わる仮想通貨、医療技術の進展。ネット社会の普及。などなど。

ネットや機械の進化が止まらなかった。

そんな時代に生まれた私たちは幸か不幸か。

漫画・アニメの話。

そして90年代アニメは面白かった。

規制がゆるいところもあり過激な表現がまだ許されていた。

なのでキレッキレな毒のあるキャラクターたちが動くのはすごくおもしろかった。

ミロのビーナスじゃないですけど「不完全」て美しいと思う。

発展途上のアニメーション技術って夢を追い求めていて迫力が凄い。

セル画が好きなんですけど、アニメーションというものを

完成させるために試行錯誤して発展してきたアニメ業界は素敵だと思う。

あの一秒一秒を手で描き、動かしていたのかと思うと感動する。

戦争のない30年。

平成で国を巻き込む大ニュースといえば自然災害だったと思う。

私は3月11日の地震の時高校卒業前日だった。

でもあの地震で延期になった。

けれどそのころの私は友人と卒業と同時に

運転免許の短期合宿のために群馬へ行こうと予約してあったので

結果的に卒業式に出られないまま卒業をしたという思い出。

(今にして思えばこのころから私の群馬縁の兆候があったのね)

 

ニュースで観ましたが、そうか、戦争がない30年だったのか。

当然ながら私は戦争を経験はしていない。

私のようなゆとりから言うと「本当にあんなことが現実にあったのか」

疑ってしまう。

平和ボケもここまでくると危険だけど、経験したことのないものに対して

危機感を覚えるのはなかなか難しい。昔からテレビや本で触れる機会はあったが

”自分の身に起きるわけがない”という平和ボケが私の脳裏にはある。

でも令和になった時、いつか私も戦争を目の当たりにする時代がくるかもしれない。

その時どうしているのだろうか。漠然とした恐怖はある。

これからも変わらず生きよう。

いろいろ振り返りましたが、

最終的に思うことは「変わらず生きよう」ということ。

現状維持というかなんというか。自分が「良い」「悪い」と思ったものを

素直に感じることができて、それを伝えていけたら素敵ですね~。

なんだか今日はひどく真面目な気がする。

 

平成最後にブログを始めて皆様と出会えたことを幸せに思います。

これからも頑張りますゆえ、なにとぞおねがいします!!

それでは、令和でお会いしましょう!