アラサーゆり子がなんか言ってますけど

群馬県に住む現役保育士(26)による、夫婦生活や薄給に悩む保育士事情のことや楽しい仲間のことを好き放題綴っていくコミックエッセイ風ブログです。


祝!初の卒園式を迎えたアラサー保育士の結末~ほっこりエピソードと共に~

f:id:oicmeet:20190330151305g:plain

更新が滞ってすみませんでした。

卒園式での追い込みで、寝違えるわ、背中に謎の痛み走るわ寝不足で、

ブログどころではありませんでした。

それでも閲覧して頂けた方々ありがとうございます。

 

昨日は卒園式でした。

朝5時に起きて6時の袴着付け会場へ向かい、8時出勤しました。

それまでの間やたらソワソワしながら子どもたちを待ち、様々なことがありました。

 

そんな卒園式ほっこり(?)エピソードをお話ししたいと思います!

ほっこりエピソード①「お姉さん、だれ?」

 

ついに来たその時に言われたのが漫画での一言。

通算3回は言われました。

普段がどんだけ地味かを表してますね。

というかたぶん彼らの中での私の本体はメガネだと思う。

ほっこりエピソード②ひなまつり

女の子たちは私の袴に興味津々です。

そんな中後ろにいた男の子の一言で流れが変わる。

 

「お雛様みたい!」

 

そして始まる、ひなまつりの大合唱。

f:id:oicmeet:20190330154254g:plain

ほっこりエピソード③入場前から涙ぐむお母さん

いよいよ入場!担任の私が一番先に入場するのですが、

入場入り口前のお母さんがすでに涙。

その姿を見て私もウッときてしまいました…。

今までどんな思いで子育てしてきたんだろう、とか、そんな大事なお子様を

担任させてもらってたんだよなあっていう気持ちを考えると

続々と入場してくる子どもたちの姿が改めて尊く感じました。

ほっこりエピソード④途切れる音楽

卒園証書授与の最後の最後でBGMが次の曲にいってしまい、

テンパッてしまう先輩と、流れない卒園証書授与の時間と、それでも臆することなく

いつも通り(練習通り)の動きを見せる子どもの姿の対比が美しい。

いや、すみませんでした保護者の皆様と子どもよ。

こういうトラブルも小さい保育園の庶民感あるよね。

私はそういうの結構、好きです…;;;

ほっこりエピソード⑤パパは残飯処理係

卒園式の後はお別れ会ということで、保護者会主催の

卒園児(保護者含む)と職員が入り交じった謝恩会めいたものがあります。

その時のお弁当で、ある保護者がAくんに「食べられる?」と聞いていたので

何が食べられないのかと思いきやお米の上に振りかかっている黒ゴマのことらしい。

Aくん「大丈夫、パパに食べてもらうから」

パパ 「俺かよ…;;」

f:id:oicmeet:20190330154305g:plain

普段のおうちでの関わり合いが垣間見えて可愛いなーと思いました。

そう、わかる。こういう時パパって何故か残飯処理係なんだよ。

がんばれパパ。

ほっこりエピソード⑥ありがとう・さようなら

卒園式を機に、「ありがとう」「さようなら」「お世話になりました」とか

色々な嬉しいお言葉をいただきました。

たくさんのプレゼントもいただいて、嬉しい限りです。

改めて、保育士やっててよかったなあと思いました。

 

私、二十歳で仕事を始め、躓き、ずっとパート勤めで職歴も転々としてきました。

たくさん嫌な思いもして自分もしてきちゃって、やっとここにきて

初めての正社員、初めての年長児を持たせていただく機会を得られ、

すごく張り切ってました。終盤はバテちゃってやりたかったことが出来なかった事も

あったけれど、いい勉強が出来ました。そのために同僚と言いあったり

ちょっと険悪になりかけたり、疑心暗鬼になったり、それでもやっぱり楽しかったり。

こうやって卒園式を迎えられる事って、ほんとうに嬉しかった。

 

今読んでくださっている方々の中にも保護者の方々はいらっしゃるでしょうか。

この場をお借りして、保育士としてご挨拶させていただければと思います。

大切なお子様を、私共に担当させていただいてありがとうございます。

ご迷惑をたくさんおかけしてきたかと思いますが、何事もご協力・ご理解頂きまして

たいへんありがたく思っております。ありがとうございました。

小学校からのお子様のご活躍を楽しみにしております!

反省会①プレゼント渡すの忘れた。

大失態である。

子どもたちと作った保護者宛のメッセージカードを渡しそびれたのである。

完全に抜けていて、気が付いたのは帰ってヘトヘトになって眠りこけた後だった。

走馬灯のように卒園式の事が巡り、時が戻らない事の後悔を経て

やっと上司に連絡し、入学式後に挨拶に来てくれた子に再度渡しなおすことに。

来ない子には郵送。はあああああ…。

もうバカバカバカバカバカバカバカバカバカバカ!!!!!

反省会②ハンカチと手紙失くした。

子どもからもらった手紙がなぜか一部無い。

もちろん捨てるはずもなく、失くすにも失くす場所もなく。

袴の中かと袴の業者に急いで連絡するも見つからず。

ドタバタしすぎて何がなんだかもう本当に覚えていない…。

ごめんなさい。お願いだから出てきてください。

反省会③こうなると何もかも信じられない。

保護者たちに渡した子どもたちのアルバム。

ここまでミスが続くと自分自身を全く信じられないため、

アルバムの中身すら

間違ってしまっているんじゃないかと疑う。

お願いします。どうか間違っていませんように。

入学式の時までに何もなければ大丈夫ということだろう。

お願いします。どうか出雲様ゆり子様仏様。ミスをしていない事を祈る。

最後の最後でこんな大失態するアホがどこにおると言うんだ本当に。

まとめ

一年間の反省点。

「卒園式が終わるまでが保育であることを忘れるな。」

(要約:気を抜くな)