アラサーゆり子がなんか言ってますけど

群馬県に住む現役保育士(26)による、夫婦生活や薄給に悩む保育士事情のことや楽しい仲間のことを好き放題綴っていくコミックエッセイ風ブログです。


デブ脳を断ち切れ!!アラサーが秘めるダイエットへの決意と現実。

先週、友人の家に泊りに行った時の事である。

 

その友達はすごく細身なのだ。

デブだった私は、ぽっちゃり系女子に変身を遂げたので

調子づいて同じような目線で体の話をしていた。

 

けれど、牽制と言わんばかりにある言葉を突き付けられる。

 

 

 

ゆり子「どうやったらAちゃんみたいに痩せられるのかなー」(ボリボリ)

Aちゃん「私は寝るのが一番好きだから、おなか空いてても寝るの優先だなー」

ゆり子「へえー。私は食べるのが一番好きだから太るんだなー。」

f:id:oicmeet:20190322211043g:plain

OH!NO。

うぅ…せ、正論だ。

お泊りとあれば宅飲み。宅飲みといえばお菓子!!!!

お菓子をめっちゃ買い込んで、暇さえあれば

ボリボリムシャムシャとずっと食べてた。

でも友達は確かに食べていない。食べたいと感じたときに食べている。

私は暇だから食べている。

 

なるほど、これがデブ脳か。

 

よくダイエットまとめサイトなどで見かけるデブとはこういう事か。

そしてデブは総じて意志が弱い。

 

 

ずっとダイエットの話もさせていただきましたが、

偽物の食欲に騙されてはならぬのだな!!

でも私にはそれが一番難しい…。

 

食欲に左右されないようにするには!!

 

強い刺激を得る!!

なんだか怪しいキーワードですが、筋トレや有酸素運動のことです。

全身を使った、強い刺激を使うと食欲が抑えることが出来るそうで。

そもそも強い食欲というのは、脳が強い刺激を欲しているから。

美味しいものを食べることは強い刺激。それをごまかすにはさらなる強い刺激。

つまり、筋トレや有酸素運動です。

 

 

 

それが出来れば苦労しないけど

はああああ・・・。結婚式の時しか綺麗になれなかった人生なんて嫌だ。

私が目指しているのは、年老いてからモテる女なのだ。

といいつつ、結婚式終わってから顔のニキビが増えだす始末。

背中のニキビも。体ってこんなに汚れてたっけ?

というか結婚式の時の私はなんであんなにきれいでいられたんだっけ?

全くわかんないけど、花嫁マジックかな。