アラサーゆり子がなんか言ってますけど

群馬県に住む現役保育士(26)による、夫婦生活や薄給に悩む保育士事情のことや楽しい仲間のことを好き放題綴っていくコミックエッセイ風ブログです。


子どもの恋愛も難しい

f:id:oicmeet:20190123201303p:plain

女子は何歳でも女子だな~と思いました。

 

そしてこういう自分の世界に入っちゃうタイプもいますよね。

私が子どもの頃は、運動神経の良い男の子(足の速い子)がモテてましたね。

でも私のクラスの傾向を見ていると優しい男の子が好きというパターンが多いです。

時代の変化ですかね~。男らしい子よりも優しそうな子が好きっていう。

足の速い子が好きなのは同性ですね。男の子同士で「〇〇君サイキョー!!」とか

「めっちゃ強いし足速いんだよ!」と嬉しそうにお互いを褒めあってます。

 

この後、Yちゃんはラブレターを渡し、お返事を待っているようですが、

私にもその結果はまだわかってません。(笑)

 

 

ここからは話が脱線して、近代社会の子守必須アイテムについて語ってます。

 

そういえば、スマホとか使う人も増え、幼いころからスマホを見せているという事も

時代の変化ですよね。youtubeをはじめ、tiktokもYちゃんはよく知っていて

周りの友達に広めています。こうやって時代の流行りが作られていくのね。

スマホでの子守を否定するのではなく、(私も絶対使うであろう)

見なくてもいいものも見えちゃうのが怖いなーっていう懸念があります。

ユーチューバーも私は大好きなんですけど、薦めて見せたくなるかっていうと謎です。

テレビとユーチューブの違いは、公開する際の責任の重さにある気がします。

テレビは多くの人がかかわっていて、観る人のためのテーマに沿って綿密に作られていると思っています。

ユーチューバーは某有名な方々の他にも私のような思いつきでユーチューバーやってみた、という人も簡単に公開できてしまいます。

なので、うっかりニュースで流れてしまうようなとんちんかんな動画を

観るようなことがあっては困る、と思ってしまいます。

ある程度の年齢になったらもう制御不能ですし、

私自身わりと早めにネットを知ってしまったので強い拒否感はないのですが。

気を付けながら上手に利用していきたいものです。

 

完全に私情でした。それでは失礼します!